九州大学医学部同窓会
HOME >  同窓会が行った事業 >  九州大学 医学部百年講堂

九州大学 医学部百年講堂 


 平成15年九州大学医学部は、明治36年に京都帝国大学福岡医科大学として発足した年から数え百年を迎え、医学部創立百周年記念事業のため、医学部同窓会と教授会から「医学部創立百周年記念事業後援会」が編成された。

 元来、病院キャンパスには、主会場として旧医学部中央講堂があり、戦中から戦後にかけて学術的集会の場や、一般市民にも親しまれる福博の文化的催しの中心的会場として、重要な役割を果たしてきたが、平成9年6月、新病院建設のために取り壊された。記念事業後援会は、記念事業の最重点事業として、その旧医学部中央講堂の役割を担う施設として記念大講堂の建設を計画し、同窓会をはじめ各種企業、団体に募金を呼びかけ、建設に尽力した。

 同窓生へ名称を募集し、常任幹事会で投票の結果「九州大学医学部百年講堂」と名付けられたこの記念講堂は、1階に568席の大ホール、間の壁を取り外し広げて使用できる108席の中ホールを2室、独立した108席の中ホールを1室と、交流ホール、交流ロビー、応接室など、それから75周年記念庭園を展望できるカフェテリアを有し、2階に3室の会議室を有している。

 現在、百年講堂は、年間約300件の学会、市民公開講座、会議等で使用され、医学情報発信拠点、交流の場として、教育・研究に有益に利用されており、医学部同窓会の伝統行事である新学士祝賀会「学士鍋」もこの九州大学医学部百年講堂で催され、医学部の伝統を繋いでいく役割を果たしている。

Copyright(c) 2013 一般社団法人 九州大学医学部同窓会 All Rights Reserved.